Q&A

漢方薬には副作用はありますか?
漢方薬もお薬の一種ですので、誤った服用があった場合には副作用が起こることもございます。しかし、それを事前に防ぐために体質や生活習慣、または過去の病歴などをお伺いいたしますのでご安心下さい。
病院の薬と併用できますか?
お薬の種類によっては大丈夫です。ですので、お薬の服用歴がある方は「お薬手帳」や、薬局でもらう「医薬品情報」をご持参ください。
漢方薬は飲みやすいですか?
漢方処方により、飲みやすさは異なります。一般的には虚弱タイプの漢方薬や、胃腸の不調に用いる漢方薬は飲みやすいと言われています。逆に、体内から余分なもの(邪気、毒素)を捨てる漢方薬は飲みにくいと言われています。 しかし、漢方では味や香りにも立派な薬効がありますので、すべてを受け入れて頂ければと思います。
子供でも飲めますか?
もちろん大丈夫です。ご家族の方から状態を伺い、お子様に合ったお薬を処方いたします。
漢方はいつ飲むのですか?
原則として食間、あるいは食前に服用いたしますが、これは空腹時の方がお薬の吸収も良いであろうといった考えに基づいています。ですので、食後に服用しても効果がなくなるわけではございません。
西洋薬と漢方薬の違いは?
西洋薬・・・一種の生薬を使い、一つの病気・症状に絞った改善を求めるお薬です。
漢方薬・・・数種の生薬により形成されているお薬で、一人一人の体質に合わせて処方されるお薬です。
服用期間はどれくらいですか?
漢方薬によって効き目の現れ方は違います。即効性のある漢方薬で体質や症状に合っていれば30分前後、一般的な漢方薬でしたら服用を始めてから1~2週間ほどで効果が現れ始めます。しかし1ケ月以上服用を続けても効果が実感できない場合は、漢方薬が合っていない可能性もありますので、一度ご相談してみてください。

Page Top